業務の進め方

 高橋行政書士事務所のホームページへアクセス頂き、誠にありがとうございます。

 

 お客様からのご相談、ご依頼により業務を開始致します。ここに、開始から終了までの仕事の流れについて、例示致します。(許可申請と、遺言書作成の2例)

 

【官公署への許可申請の場合】

○面談日時の予約:電話あるいはメールでのお問合せによって、面談日時を予約して頂きます。
      ↓       (お急ぎの場合は臨機に対応致します。)
○ご相談:当事務所又はお客様ご指定の場所にて、お客様のお話をじっくりお聞きします。
      ↓ 
○打合せ:お客様の要望、条件、計画を確認させて頂き、当事務所から法律の要件、具体的な進め方等をご提案致します。
      ↓

○御見積りご提示、正式受託:お客様にご納得頂けた場合に、業務委託契約を締結致します。
      ↓着手金をお支払い頂きます。
○資料収集:当事務所およびお客様の分担によって必要な資料を収集します。
      ↓
○文書作成:当事務所が作成し、お客様にご確認を頂きます。
      ↓
○官公署へ提出:当事務所から提出し、お客様へご報告致します。
      ↓
○官公署からの指示、確認等への対応:お客様へご報告し、確認の上対応致します。
      ↓
○官公署からの許可申請結果の通知:お客様へご報告致します。
      ↓
○今後の対応について打合せ:報酬残金をお支払い頂き、今後の対応予定等を確認致します。

 

【公正証書による遺言書作成の場合】

○面談日時の予約:電話あるいはメールでのお問合せによって面談日時を予約して頂きます。
      ↓      (お急ぎの場合は臨機に対応致します。)
○ご相談:当事務所又はお客様指定の場所にて、お客様のお話をじっくりお聞きします。
      ↓ 
○打合せ:お客様の意思、意向を確認させて頂き、当事務所から法律の要件、具体的な進め方等をご提案致します。
      ↓  

○御見積りご提示、正式受託:お客様にご納得頂けた場合に、業務委託契約を締結致します。
      ↓着手金をお支払い頂きます。
○法定相続人の把握:当事務所およびお客様の分担によって戸籍調査を行います。
      ↓
○財産内容の把握:当事務所およびお客様の分担によって確認致します。
      ↓       (預貯金、証券、不動産、債務の確認)
○財産の分け方を確認し、決定して頂きます。付記事項を確認し決定して頂きます。
      ↓       (法的な要件等、助言させて頂きます。)
○遺言書の原案を作成:当事務所が作成し、お客様の確認を頂きます。
      ↓
○公証人と打合せ:当事務所が遺言書の原案に対する公証人の見解を伺い、また立会人について確認致します。
      ↓
○遺言書最終案および関係資料の確認:お客様と、公証役場へ持参する資料および立会人について確認致します。
      ↓
○公証役場において、遺言書作成:公証人が遺言書を作成し、お客様と立会人が確認、署名します。
      ↓
○今後の対応について打合せ:報酬残金をお支払い頂き、今後の対応等について、確認致します。